BLOG

KOBOのDIY〜ドロワー編〜

どうも小堀ことKOBOでございます!

フォトスタジオコボ東浦和店、プチリニューアルが終わりまして今日はですね、
僕の大好きな?家具たちのDIY紹介をしたいと思います!

いろいろ作ったのですが、今日紹介するのはメインの撮影で使っている黒いドロワー(棚)です。

フォトスタジオコボのDIY紹介

シックな雰囲気にピッタリ!黒いドロワー

DIYをはじめるきっかけ。

それは、すでに置いてあるインテリア小物や家具に合わなかったり、ちょうど欲しいサイズのものが売っていなかったり。
そこで自分で作ってみたのがキッカケだったような気がします。

これから挑戦する方には難しく感じるかもしれませんが、やってみるとそんなに難しくなく作れちゃいますよ!

木材

材料の調達はカインズホームで 笑

最近、材料の調達はもっぱらカインズホーム浦和美園店です。
スタジオから近いのもありますが、めちゃめちゃ大きくって何でも揃います!

杉の木材を細かくカットしてもらい、組み立てていきます。

インテリア

こんな感じで

ドロワー作り方

時短を意識する!

作り方もいろんな方法がありますが、僕が大切にしていることがあります。
それはズバリ、時短です!

時間をかければよりキレイに、細かいところまでこだわれますがそこまで時間がありません!笑

きっと、DIYに挑戦してみたいけれど〜時間ないな〜
なんて思っている主婦のママさんや、お仕事に忙しいパパさんも多いと思います。

でも大丈夫!

DIYで時短をするには?

まず時短その1!

自分でもできますが大量にカットが必要な場合は、ホームセンターで購入したらそのままカットサービスを利用しちゃいましょう。

僕も昔は全て自分でカットしてやっていましたが・・・
カットサービスを使った方がずっとずっと早い!笑

木くずを片付けるという面倒な掃除もしないで済みますし、一石二鳥ですよ!

だぼ

ダボは必要なところだけ使う

ビスの方が早いので、僕は基本ビス打ちで作ってしまいます。
(ビスを打つインパクトドライバーを持っていない方は、カインズでレンタルしてかりることができますよ。)

ビスを打てない場所だったりするところだけ、ダボを使います。
(ダボというのを簡単に説明しますと、接着面両面に穴を開けて、小さい木の棒を差し込む接着方法です。)

本当は全部ダボで接着すればめちゃきれいにできるところも、時間がかかるのでビス打ち!笑

ビス穴を隠す方法

ビス穴はパテで隠しちゃう!

組み立て終わったら、ビスの穴をパテで埋めちゃいます!
パテもカインズホームで売ってますよ。

カインズの回し者じゃないですけどね!笑

僕は壁用のパテを持っていたので代用して使っちゃいましたが、作った家具をずっとずっと長い間使いたいならポリパテのような固めのパテを使うと良いと思います。

パテが乾いたらヤスリをかけてペンキを塗ります。

天板はパイン材、引き出しは箱を作る要領で6個作ってはめ込みます。

オススメの塗料

仕上げで使うペンキは、ローズガーデンカラーズがおすすめ。
このシリーズ、なかなか好みでよく使います。

落ち着いたカラーシリーズで使いやすいですよ。

僕は何種類かまぜまぜして使用していますが、これもまた楽しい・・・笑

ローズガーデンカラーズ

作る過程は写メ撮っておいたのに、完成したところを撮り忘れたのでここでおしまい!笑

次はもう少し細かく説明できるように、写メ撮っておきます。笑

KOBOでした!